トップページ

甲府名物!鳥もつ煮

ご当地グルメとして有名になりました「甲府鳥もつ煮」は昭和25年ごろ、市内のそば店「奥藤本店」で生れました。調理法を考案したのは「奥藤本店」創業者・塩見藤四郎の五男で、厨房を任されていた塩見力造当店の初代)です。
安くてうまいと評判になった鳥もつ煮は瞬く間に広がり、「そばを待つ間に、鳥もつ煮をつまむ」という甲府独特の食文化が生れました。

とんかつ屋なのに、鳥もつ煮!?

奥藤本店で20年近く働いた力造は独立する際、なじみ客の多い市内に店を構えることにしました。しかし同業(そば店)では本家とバッティングしてしまいます。
力造は天ぷらなど揚げ物が得意だったことから、昭和42年に駅前で「とんかつ力」を開業しました。店名のとおり、とんかつが看板商品ですが、常連さんに愛された「甲府鳥もつ煮」の味は守り続けました。

現在は力造の息子・塩見順造が二代目を継ぎ、心を込めて1鍋1鍋調理しています。作り置きせず、ご注文で調理しますので、少しお時間をいただいております。

箸で切れるやわらかとんかつ

豚肉はブランドにこだわらず、山梨県産豚を中心に、店主のめがねにかなった肉を仕入れています。堅いスジは1本1本はずし、柔らかさと食べ応えを大切に下ごしらえしています。

自家製ポテトサラダと赤だし汁

ポテトサラダの男爵芋は北海道産や静岡県三方ヶ原産を使い、茹でずに蒸かします。自家製マヨネーズは酢を使わず、レモン汁と塩のみで作っています。
赤だし汁は、愛知県岡崎市から八丁味噌を取り寄せ。サバ節でコクを出し、カツオ節で香りをつける作り方も、先代・力造のレシピを受け継いでいます。